アフターピルの飲み方

アフターピルの服用方法・副作用・注意事項

服用方法 副作用
ヤッペ法 プラノバールというお薬を1回2錠内服し、12時間後に、もう一度2錠を内服します。 プラノバールでは、副作用として吐き気がでることがあります。アフターピル内服後は、多くの女性に月経予定日近くで生理用の出血があります。
ノルレボ法 ノルレボ(ジェネリック)を72時間以内に1回1錠内服します。 ノルレボ(ジェネリック)では服用後の吐き気は少ないです。アフターピル内服後は、多くの女性に月経予定日近くで生理用の出血があります。
エラ(海外製) 120時間以内でも効果の高いお薬
1回1錠内服します
頭痛、吐き気、疲労感、腹痛などがあります。ウリプリスタル酢酸塩には母乳に排泄されます、内服から7日以内の授乳はお勧めしません。

アフターピルとは

アフターピル(緊急避妊ピル)とは避妊に失敗した、または避妊せずに行った性交後72時間以内に緊急的に用いる避妊薬です。ヤッペ法とノルレボ法があります。

ヤッぺ法

ホルモン配合剤(卵胞ホルモン+黄体ホルモン)を内服する方法。
プラノバールというお薬を用います。ヤッペ法の避妊率は96%、妊娠阻止率は57%です。

ノルレボ法

黄体ホルモンを内服する方法。
プロゲストーゲン単独療法はヤッペ法に比べて緊急避妊の効果が高く、安全性にも優れています。ノルレボ法の避妊率は98%、妊娠阻止率は85%です。

エラ

ウリプリスタル酢酸塩を内服する方法です。ヤッペ法(プラノバール)・ノルレボ(ジェネリック)とは異なる緊急避妊薬。
エラは120時以内でも効果が高いお薬、避妊率は98%で妊娠阻止率は85%

※避妊率:時期に関係なくアフターピルを内服した人のうち妊娠しなかった人の確率
※妊娠阻止率:排卵日付近の妊娠しやすい時期の性交渉で、妊娠しないようにできる確率

注意事項

アフターピル内服後、生理用の出血が来るまでは性交渉は控えましょう。
生理用の出血が、予定生理日より7日以上遅れる場合は妊娠検査薬でご確認下さい。

内服から3時間以内にお薬を戻してしまった場合は、飲みなおしが必要です

避妊に失敗したときの妊娠の継続や胎児に悪影響はないと報告されています。添付文書には72時間以内と書かれていますが、120時間以内であれば、それなりの避妊効果を期待できます。

今すぐアプリで診療

診療予約が出来て、アプリ限定のオトク情報も!

AppStoreからダウンロード
GooglePlayで手に入れよう

診療の空き状況が確認出来る
カレンダーはこちら

診療予約カレンダー

よくある質問・お問い合わせ窓口

よく頂くお問い合わせ内容をQ&Aでお答えしております。
Q&Aをよくご確認頂き、
不明点など御座いましたら
お問い合わせフォームより御連絡ください。

オンライン診療を予約する
チャットで簡単24h受付LINE予約
3分で簡単24hWEB予約